日本語教師になるためにはある程度の専門知識とクリエイティブな発想力が必要です。

夢の職を目指してみよう〜各種専門学校について〜

日本語教師になるための学校

皆さん日本語教師と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
日本語教師とは日本語を母国語としない人々、つまり外国語として日本語を学びたい外国人向けに日本語を教える教師のことです。
日本人を相手にした職業ではなく必ず外国人向けの職業となります。
その為、普通の仕事とは異なる様々な壁や難題、トラブルがあります。
そんなところを踏まえた上で、日本語教師になりたい人が集まる専門学校もいろいろとあります。
日本語教育と国語教育は異なっていますので注意が必要です。
近年は日本の映画やアニメ、ファッションなどのサブカルチャーに興味を持ってやってくる外国人が多くなりました。
そんな彼らに、日本語教師は、日本の文化や言葉を教える為には、ただ日本語を話せるだけではなれません。
日本語教師としての国家資格があるわけではありませんが、殆どの場合は、専門学校で長期期間コースを学ぶか、日本語教育能力検定の合格が求められています。
日本語教師になる人はどのような人が向いているのでしょうか。
簡単にいえば日本や外国のことが好きで興味が有る人でしょうが、外国人に日本語を教えるという専門知識が必要ですし、授業が楽しくないと多種多様の文化が集まった外国人の教室では勉強もはかどりません。
よってクリエイティブな発想力も多分に必要です。
日本語教師の活躍の場はなにも日本だけではありません。
世界各国の日本語学校や大学機関や日系企業で活躍の場があります。
世界的なグローバルの視点をもって取り組んでいける人が活躍しています。