web業界の人でコーダーに視点当てて職種内容を詳しく見ていきます。

夢の職を目指してみよう〜各種専門学校について〜

web業界の人のそれぞれの職種内容

他にもweb業界で働く人の職種はあります。
コーダーと呼ばれる職種もそうです。
他の呼び方ではマークアップエンジニアなどとも呼ばれています。
コーダーは、webデザイナーが起こしたデザインを元にHTMLとCSSでページを作成していく役割を担当しています。
webデザイナーの意図を理解してページを制作していくのですが、その時は、ターゲットブラウザの事を考えて正しくどのブラウザでも見られるようにするために制作した上で、運用などのメンテナンスのことも考えて効率的にソースを書いていくなどの配慮が必要ですので、単にコーダーとして誰でもできる仕事でもありません。
コーダーにとって必要なスキルとは、まず、HTMLとCSSの知識がないことには始まりません。
まずこの知識があった上で、AdobeのDreamweaverやテキストエディタなどを使ってコーディングをしていきます。
また、webデザイナーがIllustratorやPhotoshopで作ったデザインを元にしているので当然、画像編集としてそれらのアプリケーションソフトを扱えなければいけません。
またSEO等の技術も駆使してのコーディングが必要ですので、SEOの知識も必要です。
そして、よりコーダーとしてレベルアップしたいのであれば、JavaScriptやPHP、CGIの知識があれば、動的なwebサイトを作ることもできます。
ただコーディングは短時間で数多くのページを制作していくことが多いので、ミスが少なく作業が早いという正確性を高めていける工夫が必要です。
当然、webディレクターやwebデザイナー、webプロデューサーとの打ち合わせもありますのでコミュニケーション能力が高いほう良いと思います。
専門学校ではこのような事も技術だけでなく学んでいきます。