スポーツ業界で働くためにはスポーツ専門の学校に通ってプロにも通用する知識と技術を学びます。

夢の職を目指してみよう〜各種専門学校について〜

スポーツ業界で働くために必要なスキル

スポーツ業界で働くために専門学校でどのようなことを学んでいくのでしょうか。
実業団やプロスポーツチームの専属のトレーナーとして、または、高校や大学のスポーツチームのトレーナーとして活躍しているアスレティックトレーナーを目指すなら、スポーツ選手がなりやすい病気や傷害の予防、リハビリの管理が主な仕事となるため、ケガの予防、テーピングなどに関する知識や技術を学んでいくことになります。
幅広いスポーツの世界で活躍するパーソナルトレーナーを目指すなら、スポーツの種類ごとに違う選手のトータルサポートをするのが主な仕事となるため、健康管理や体力増強をしていくことで肉体改造につながる専門的な技術や知識を学んでいくことになります。
スポーツトレーナーも専門的に見ればいろいろあります。
アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナー以外にも、フィットネスクラブや各種医療機関などで、リハビリスタッフの一人として活躍しているメディカルトレーナーという仕事もあります。
こちらは、リハビリや健康運動の指導のサポートやシニアスポーツのサポートなどが仕事となりますので、サポート技術やシニアプログラムのスペシャリストになるための知識や技術を学びます。
変わったところでいくと、Jリーグで人気のあるサッカートレーナーという仕事もあります。
こちらはプロやアマチュア、高校や大学のクラブチームのトレーナーとして活躍することを目的としての育成科目です。
このようにスポーツ業界といってもいろんな仕事があります。

関連リンク