マンガ家になるのか、原作者になるのかを考えた上で専門学校は選びましょう。

夢の職を目指してみよう〜各種専門学校について〜

マンガが好きな人へ

マンガの世界はゲーム業界よりも古くて文化的にもしっかりとして歴史がある業界です。
ただ、昔はマンガと言えば子どもの物で、マンガの仕事をしているといっても決して自慢できるものではなかったようです。
最近になって、爆発的に人気の作品や幅広い年代に支持されている作品のおかげでマンガ業界の地位も少しずつではありますが、上がってきています。
さらに世界的にオタクブームということもあり、世界中に日本のマンガが急速に広まっていき、莫大な産業となりつつあります。
それにともなって、マンガを職業にしたい人も増えていき今ではマンガ家育成の専門学校もできるほどです。
しかし、マンガに関わる仕事はたくさんあります。
マンガ家だけではなく、マンガ家のアシスタントやマネージャ、原作者やライトノベルの作家、マンガ雑誌の編集者という仕事もありますので多岐にわたっています。
自分が転職してしたい仕事をしっかりと見据え、専門学校などの学校でスキルを学んでいってください。
近年ではスマートフォンやモバイル端末の台頭により、電子書籍の需要が高まっています。
それに伴いデジタルコミックの制作も市場としてでてきました。
専門学校ではマンガのスキルだけではなく、パソコンを使ってのデジタル操作も学べますので、今の世代にあったカリキュラムが受けられるようになっています。
そしてこういったマンガ専門の学校では就職支援も充実していますので、マンガ雑誌社への持込みや、出版社への就職斡旋などいろいろとメリットもあるかと思いますので選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

関連リンク

  • 家庭学習についてはこちらのページがオススメ。